スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
クリスマス 2010
今年のクリスマスはウェールズ在住の義母と、私の日本の両親と我が家で過ごす予定でした。
父が3週間ほど入院したため両親はキャンセルになり、義母は雪のためキャンセルになり、結局家族4人だけの静かなクリスマスとなりました。

両親のために近くに23日から4泊でホテルを取っておいたのですが、安いホテル(1泊29ポンド!)のためキャンセルできず。。。もったいないので23日は私とBoysと3人で宿泊!!

子供達はこういうちょっとしたことでも喜ぶのよね~!よかった!

クリスマスイヴはのんびり過ごし、16時からいつも行く教会のクリスティングルサービスへ行ってきました。
クリスマスに教会に行くのって初めてだったけど、綺麗にデコレーションされた教会も素敵でした!子供達は最後にクリスティングルを一つずつもらい、ろうそくに火をつけて皆でSilent Night(きよしこの夜)を歌いました。

<クリスティングルとは>
Christingleの言葉自体は、「キリストの光」を意味し、この世に与えられた神様からの贈り物を象徴して、果物のオレンジに下記のようにそれぞれ意味のある飾り付けをしたものである。
* オレンジそのものは、神様が創造した世界を表す。
* 四本の爪楊枝をオレンジにさすが、それらは四季を表す
* 爪楊枝に差した果物や甘い菓子(干しぶどうや小さなお菓子をつける)は地上の実りを表す
* オレンジをリボンで水平状に縛り、それはこの世にイエスを送ってくださった神様の愛を示す
* オレンジの上にキャンドルを立て、「イエスは世の光」であることを示す

イヴの日の夕食はパスタで簡単に済ませて子供達は早めに就寝。

去年のクリスマスはシンガポールで過ごしたので、サンタさんからプレゼントだよ~と渡しただけで終了したけど、今年は子供達も大きくなっていろいろと分かる年なので、サンタさん関係の準備をちゃんとすることにしました!

①サンタさんから個人宛メッセージ
お友達に教えてもらったウェブサイトでサンタさんから子供達あてにビデオレターが届くようアレンジしました。

イヴの日に子供達を呼んで「サンタさんからメッセージが届いたよ~」といって一人ずつ見せました。

KOKOはサンタさんからの呼びかけにきちんと答えてとても嬉しそう☆
DIDIは嬉しいんだけど恥ずかしいのでママの後ろに隠れてました☆

サンタさんはそれぞれに、「KOKOは本が欲しいんだってね、お利口にして待ってなさい」「DIDIはサッカーゴールが欲しいんだね、クリスマスの日楽しみにね」とのメッセージに二人ともうなずいていました!

②サンタのマジック鍵

サンタは基本煙突から入ってくるんだけど、我が家は煙突が無い!!
KOKOは数日前に紙に「サンタさんへ、ボクはクリスマスに本のプレゼントが欲しいです。でも僕のうちには煙突が無いのでドアから入ってきてください」手紙を書いていました!

004_convert_20101226192222.jpg

ここでネットで購入したSanta's magical keyの登場です!この鍵をドアにかけておくと、サンタがこの鍵を使って家に入ると言うことです。

③クリスマスストッキング

寝る前に子供達のベッドにそれぞれの名前の書てあるStockingをつるし、サンタさんからのプレゼントがそこに入ります。
Stocking Fillersといって、こまごまとしたものを包んで入れてストッキングをいっぱいにするそうですが、家は伝統的にミカンを入れ、おやつを一袋ずつ入れただけです。


④サンタさんととなかいへのお礼

プレゼントを届けてくれたサンタさんとトナカイへのお礼を用意しておきます。

サンタさんへ: ミンスパイ(伝統的クリスマスのオヤツ)とシェリー等のお酒(ホットチョコレートという人も)
トナカイさんへ: 人参とりんご

005_convert_20101226192429.jpg

↑一緒に飾ってあるのが教会でもらったクリスティングルです!

24日の準備はこんなところかな!子供達が寝てからサンタからのプレゼントをストッキングに入れます!

そして、クリスマス当日。

KOKOが7時半頃起きてトイレに行き私達のベッドに入ってきました。
KOKOのベッド(2段ベッドの上)のハシゴすぐ近くにStockingを置いておいたんだけど、全く気づかなかったみたい どうやらクリスマスのことなんてすっかり忘れているよう。

少ししてDIDIも起きて来たけど、DIDIはAdvent Calenderのチョコを取りにいこうよ~と言ってるだけサンタさんのことはお忘れのよう。

何だよ~、家のBoysはサンタさんはそんなに楽しみじゃなかったのね・・・

「Advent Calenderは今日は無いんだよ。だって今日は25日でクリスマスだから!」といってみてもピーンと来ない。

仕方が無いから、私から「あれ?サンタさんって来たの?」と聞くと二人ともはっと気づいて部屋を見に行ってストッキングを持ってきました!

やっと気づいたかぁ~。

そしてDIDIは下へ降りてサンタとトナカイが食べ物を食べてったかを確認しに行きました!
サンタさんからのプレゼントだけあけて大喜びの二人!他のプレゼントは教会から帰ってきてからあけよう。

ゆっくり朝食を食べて、クリスマスランチの下ごしらえをして、ちょっとおめかしをして10時半から教会へ行ってきました。

少し出遅れたのでちょっと遅刻気味で着いたら、もう超満員。私とKOKOは右のほうの席へ、夫君とDIDIは左のほうの席と離れ離れになってしまいました。

今日はパイプオルガンの演奏とコーラス付きで特別なサービス。クリスチャンにとってはクリスマスはとても大事な日だものね。

11:45に帰宅して、スナックを食べて夫君はクリスマスランチつくり開始。

子供達は残りのプレゼントをお~ぷん~!!

015_convert_20101226194056.jpg マミーとダディからは新しいガウン

022_convert_20101226194741.jpg 
日本のじいじとばあばからはDVD数枚とあやとりや迷路等のアクティヴィティの本数冊
日本からの荷物が間に合ってよかったぁ~!

029_convert_20101226195231.jpg
サンタさんからDIDIへサッカーゴール

032_convert_20101226195746.jpg
サンタさんからKOKOへWinnie the Poohの本30冊セットとジェンガ(ゲームも欲しいと言ってたから)

私達がプレゼント開けたり、遊んだり、DVD見たりしてる間に、我が家のロースト奉行は一人クリスマスランチつくりに精を出してました!なんて楽チン~!!素敵☆


突然ですが、クイズ! これな~んだ?

008_convert_20101226192834.jpg



結構長いですよ~









ヒント1:食べ物です















ヒント2:野菜です















ヒント3:冬のロースト料理には欠かせません













ヒント4:ちょっと苦いのでたいていの子供は嫌いです(笑)
















正解は コチラ↓

009_convert_20101226193821.jpg
Brussel Sproutsと言う野菜で、まあ、日本だと芽キャベツですね。
こんなふうに茎になります。私達は別にこだわりは無いのでいつも袋入りのを買うんだけど、たまたまその日はこの茎に付いたものしか売ってなかったので。


さ~、お待ちかねのクリスマスランチの出来上がり~!

クリスマスと言えばTurkey(七面鳥)のローストなんだけど、家はチキン派。今年は特に4人だけだしね~

036_convert_20101226195912.jpg

042_convert_20101226200114.jpg

大してクリスマスらしいデコレーションとかしてないけど、味がよければ全て良しってことで!

いつもロースト料理は夫君がしてくれるんだけど、だんだん腕を上げていて本当に美味しいです!
私はチキンも好きだけど、ローストポテトとローストパーシニップが一番美味しくできていると思います!

子供達に「今日のクリスマスランチでどれが一番美味しい?」と聞いてみたところ

肉食のDIDIは「チキン!あとお芋も美味しい~!」との事。

菜食のKOKOは「コーン!」の一言。あの~、このコーンって缶詰から出して暖めただけなんですけど・・・

KOKOもDIDIもローストポテトとパースニップが大好きで、お代わりしまくりでしたよ!!!

今年のクリスマスは家族4人だけで寂しいなあと思ったけど、実はすごくゆったりのんびりのクリスマスでした。こんなクリスマスも良いもんだ!

25日の夜は片付けも全て夫君に任せてKOKOと二人でまたホテルに宿泊♪
お風呂にゆっくり入って少しテレビを見て本を読んでいたら寝てしまいました。多分9時半くらい(笑)

朝8時半に帰宅したら夫君がキッチンもたいてい綺麗にしてくれていたので大満足!!夫君、ありがとう☆

さあ、今から昨日の残りのローストランチAgainです!!

夜はまたホテルに戻り、近所のお友達数名集めてちょっとした忘年会をする予定です!折角ホテルのお金払ってるんだからつかわないとね!!
スポンサーサイト
[2010/12/26 12:37 ] | 家族の時間 | コメント(3) | トラックバック(0)
モスクワで足止め、その後。
前のエントリーからまたもや1週間空いてしまいました・・・

夫君、予定より2日後の月曜日に無事にモスクワ出張から帰還しました。
土曜日、日曜日、月曜日と3日間のほとんどを空港で過ごした夫君、相当疲れていましたがクリスマスまでに帰宅できて本当によかったです。

当日の月曜日はモスクワの別空港へ移動して別の航空会社の便を手配。出発時間が5時間も遅れたけど18時ころヒースロー空港に到着。連日の雪の影響で高速道路も混乱していると思い、タクシーより電車で帰るように伝えました。電車会社のサイトには電車の遅れやキャンセル等何も書いてなかったし。

ロンドン中心地までは地下鉄で無事つきました。19時頃から家の辺りはまた雪がたくさん降りロンドンから最寄り駅までの電車が相当混乱していたようで、2時間ほどかけて途中の大き目の駅までたどり着きました。

最寄り駅行きの電車が全然来ないので、Gatwick空港行きの電車に乗るからGatwick空港まで迎えに来て欲しいと電話があったのが22時前。

Gatwick空港までは普通の日で車で20分ほど。19時から2時間ほど降った雪がまた積もり、幸い車にはチェーンをつけていたので寝ていたBoysを起こして暖かい格好をさせて出発。

道はガラガラで雪も結構積もってたけどチェーンをつけているから余裕でいけました。でもスピードは出せないので40分くらいかかって空港に到着。

夫君を拾って岐路へ。少し行くと左のチェーンが少し外れた音がしたので路肩に停めてみてみると、相当緩んできていて修復が難しそうだったので外すことにしました。

そこでまたアクシデント。

今回初めて買ってつけたので取りはずすのは初めて。しかもつけたのは私だし、夜中で暗いし、タイヤの回りは雪もいっぱいある。
なかなか最後のところが外せない・・・・・。手袋もコートの袖もべたべたになりながらあーでもないこーでもないとすること30分。もうだめだ~と思ってRAC(JACのようなもの)に電話するも全然つながらない・・・

夫君は疲れすぎていて全然役に立たないので、私があれこれしていると、やっと取れた!!!! 

もうここで何時間も助けを待たなければいけないのかと思っていたので、これほどほっとしたことはない!

そこからまたノロノロ運転で家に着いたのは夜中の12時ちょっと前でした。

子供達は最後少し車内で寝たけどほとんど起きていたし、私も夫君も疲れたので直ぐに寝ました。

そして翌朝夫君は会社へ、子供達は学校へと行きました~!

あれから1週間経ちますが、車道の雪はもう大丈夫だけどまだまだ庭や家の前、歩道などに雪がたくさん残っていて、雪というよりは氷の状態です。。。夜になると気温がマイナス3度とかマイナス5度とかになるので全く溶けないい・・・

ということで、もう雪なんてこりごりですわ。これから雪がちょっと降ってもソリ遊びとか全然したいと思わないし。

早く春が来て欲しいと切実に願う今日この頃です。
[2010/12/26 10:56 ] | う~ん・・・ | コメント(0) | トラックバック(0)
また雪ふったね
ずーっと寒い日が続いています。2週間ほど前に降った雪がまだ残っているところもある中、予報どおり今日またたくさん雪が降りました

前回の雪はパウダースノーで雪だるまを作るのが至難の業だったけど、今回はくっつきやすい雪だったので、ちょっと転がしただけで見る見るでかい玉ができました!

あっという間に雪だるま1号完成♪ 目は乾しプルーン、鼻はにんじん、口はアズキです☆
020_convert_20101219052921.jpg

家の前にも雪だるま2号作成!1号と大して変わらないけどね・・・
022_convert_20101219053135.jpg

庭にまた雪山を作ってそり遊びをしたり1時間ほど遊んだかな。

KOKOが今週初めから体調が100%ではないので後は家でのんびりしてました。

そして、MixiやFacebookでちょこちょこつぶやいているので知っている方が多いと思いますが、水曜日から夫君がモスクワに出張しています。今日土曜日に帰ってくる予定でしたが。。。

やっぱりフライトがキャンセルになり、モスクワで足止め食っています・・・

今日は朝から航空会社のサイトを頻繁にチェックして、モスクワからの便が3便ある中夫君の便だけ運行だったのでラッキーと思っていました。
夫君からも「今からボーディングする」とTEXTがあったので、今日イギリスに帰ってこられると思ってローストポークを作り始めました。

到着の1時間半ほど前に夫君から電話が掛かってきたので、もうヒースロー空港に着いたのかと思ったら、実は乗る予定だった便がキャンセルになって明日まで帰れないとのこと。

雪が多いからという理由だったらしょうがないと思うけど、何と 搭乗スタッフが長時間勤務のために搭乗拒否したらしい

詳しい話は知らないけど、搭乗直前でスタッフの搭乗拒否なんて聞いたことない。この航空会社はイギリスのFlag キャリアーだったんだけどなあ・・・在英9年でもまだまだ驚かされることがたくさんあるなあ。

このフライトは明日の10:00AMに飛ぶ予定になってますが、果たしてどうなるでしょうか~。

これからクリスマスまでまだチラホラ雪が降るみたいだし、もうずっと引きこもりだなこりゃ。

Cardiffに住む義母も23日に来る予定だったけどどうだろう・・・?

21日に日本から父母が来る予定でしたが、父が入院をしたためキャンセルになりました。来ていたとしてもこの雪でどうなるか分からないので来れなくて良かったのかも。

[2010/12/18 21:12 ] | イギリス的生活 | コメント(3) | トラックバック(0)
最近のいろいろ
相変わらず寒い日が続いています。先週の火曜日に降り始めた雪はまだところどころに残ってるくらい。

なんだか最近いろいろありすぎて疲れてます。わたくし。

先週の雪で子供達の学校は木金と休校になり、庭で雪だるま作ったりソリ遊びを少ししただけで基本的に家に閉じこもってました。と言うのも、KOKOさんが金曜日の午後からまたまた発熱

010_convert_20101210060445.jpg 雪国

011_convert_20101202215348.jpg

012_convert_20101202215531.jpg

今回は粉雪だったのでなかなか固まらず、こんな小さい雪だるま一つ作るのに1時間くらいかかったかも。
しかも子供達は全く作れず、母ちゃん一人汗かいてつくってました。。。
014_convert_20101202215749.jpg

016_convert_20101210055947.jpg トナカイ雪だるま♪

028_convert_20101210055504.jpg

025_convert_20101210060255.jpg

027_convert_20101210055738.jpg


032_convert_20101210060822.jpg

先日お友達が作ってくれて痛く感動した豚まん!引きこもり中に2回作りました!
これは初めて作ったときの写真です。
020_convert_20101202220214.jpg


先週日曜日から夫君はフランスにて勉強があって、金曜日に帰ってくる予定だったけど、案の定雪のためにフライトキャンセル。。。大学院のクラスから20名以上のグループだったので、次の便を取るのもそうたやすいものではなく、結局翌日の夕方Bristol空港着の便で帰ってきました。そのままロンドンへ帰ってくるには時間も遅かったしまだまだ電車も不安だったので、その晩はCardiffの義母宅へ行き一泊。
結局自宅に戻ってきたのは日曜日の16時すぎとなりました。まー無事に戻ってきたのは良かったけど、こっちが大雪で閉じ込められてる中7泊も居なかったのに、一日余分にフランスでフリータイムがあったと言うのに、おみやげはヌガー1パックのみ。子供達にもお土産はなし。しかも、ヌガーって別に私は好きではないし、何か一つ買うなら美味しいチョコとかにしてくれたらもっと嬉しいんだけどなあ。。。
お土産系はいつもぱっとしないんだよね、うちの夫君。


ここ3週間くらい我が家のボイラーが点火時に恐ろしい音を出すときがありました。
夫君が居ない1週間の間に点火エラーでつかない事数回。リセットボタンを押したら直ぐにまだ付いたのでそのときは良かったけど、だんだんエラーの頻度が多くなり、月曜日の夕方にはリセットボタンを押しても再点火しなくなりました
ちなみに、このボイラーでお湯とセントラルヒーティングを温かくするので、ボイラーが壊れる=お湯と暖房が無いと言うことになります。

家のボイラーはまだ2年半で新しかったので、1回点検に来てもらっただけでその後年に1回の定期点検はやってませんでした。

すぐにBritish Gasに連絡するも、翌日(火曜日)しか予約が取れないので、火曜日の12時~18時で予約をしました。ちなみに、英国では配達や修理の予約は時間指定はできず、しかも半日もしくは一日待っていないといけないこと多々です。

家のボイラーには緊急時に電気でお湯を沸かす機能もついているので、お湯はOK!
新しい家で断熱はしっかりしているので常日頃からヒーターは少しでもOKな我が家。なので夜もBoysは同じベッドで一緒に寝かせ、私達も布団をもう一枚かぶってれば寒い思いもそんなにせず一晩すごせました。

そして、火曜日。午後の予約で外出もせずにずっと待っていました。17時半過ぎてさすがにおかしいと思って電話したら、

この寒波でボイラーの調子が悪い家が多く、その上修理にも時間が掛かっているので家の予約までできなかったらしい。水曜日は優先的に来るようにしますとのこと。でも言われた時間は12時~18時。
あの~、午前中はお仕事しないんでしょうか・・・・???

しょうがないので一晩また暖房無しで我慢。
ちなみに、5,6時間おきに1回再点灯を試みると15分ほどつく事もあったので、完全に暖房なしでな無い状態でした。

水曜日朝、暖房どころか電気で沸かせるはずのお湯まで沸かせなくなりショック
今日は優先的に来るとのことなので、絶対大丈夫だと思って待っていたけど、15時になっても来ない。
電話したら家の予約は入っているので今日来るはず、もう少し待ってくださいと言われる。

ちなみに、これまでの電話でのやり取りは全て夫君がやっていて、British Gasもなかなか電話がつながらなかったりして夫君も仕事中に結構の時間を費やして電話してくれていました。
でも、元々物腰がやわらかい夫君なのでそれほど強く押しているとも思えなかったので、17時に私が電話をしました。

そして言われたことは、

「あなたの地域で緊急の修理が入り、あなたの予約には行けなくなったとエンジニアから連絡がありました。その緊急の方はお湯も暖房も点かないので優先的にそっちに行かせててもらいました。お宅には明日の午後伺うようにします」

はぁ~????

ふざけるな。こっちだってお湯も暖房もないっつーの。しかも1日目はキャンセルされて優先的に来てくれると言ったじゃないかーっ。小さい子供が二人居るのに、優先にしてもらっても来られないんだったらいつなら来れるんや?

電話を出たカスタマーサービスのお兄さんには悪いけど、私相当切れました。
お兄さんも何度もエンジニアと連絡を取ってくれて、翌日(木曜日)の12時~14時に来る約束をしてくれました。
今まで6時間の枠だったのに、急に2時間枠になったけど、できるんだったら最初からやれよっと更にイライラ。

この時点でもうBritish Gasには信用置けないので、別の会社の予約もしました。

木曜日の朝、6時頃に再点火が成功し、しかもずーっとついてるし。だいたい修理に来る当日にちょっと調子よくなるもんだよね。

朝9時に別会社とのことですったもんだがあり、私完全に切れました。
会社に出社したばっかりの夫君に電話し、もうこのボイラーの件については私は関わりたくないと宣言。

夫君には申し訳ないけど、帰ってきてもらいました。

結局予約どおりにBritish Gasのエンジニアが到着して、夫君の立会いの下無事に修理してもらえました。
ボイラーの裏側にあるパイプにごみがいっぱいたまっていたのが原因だったみたい。
やっぱり年に1度は点検に来てもらってパイプの掃除などしてもらわないといけないみたいです。

とにかく、2回も約束を破られたBritish Gasには苦情の手紙を書く予定です。

丁度寒波の中でのボイラー故障だったけど、家が暖かかったのでそこまで寒い思いもせずに過ごせたのは良かったです。
[2010/12/09 22:36 ] | イギリス的生活 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。