スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
2011-2012年越し IN JAPAN-①
気がついたら2ヶ月近くもBlog放置してました。

2012年、新年明けましておめでとうございます
今年もBlogを通してよろしくお願いいたします。

さてさて、12月14日から1月10日までの4週間、日本へ里帰りをしていました!
1年半ぶりの里帰りで、年末年始に帰るのって7,8年ぶり。そして、子供達にとっても始めての日本でのお正月になりました!

写真と一緒にいろいろとつづりたいと思っていますが、とりあえず初回は空の旅編。

実家の最寄空港は中部国際空港なのですが、新しい空港の割には採算が合わない為かヨーロッパ便が激減。
もちろんロンドンへの直行も無いのでいつもどこかで乗り継ぎをしなくてはいけません。

前回は日系を使って成田乗換えにしましたが、今回はドイツの航空会社を使ってフランクフルト乗り換えにしました。

さて、行き。行きは私と子供達と3人の旅。夫君は2週間後に合流します。

朝の9時半頃発の飛行機だったけど、夫君が早く行けといつもうるさいので朝6時頃のタクシーに乗って空港へ。
道もスイスイだったので、40分弱で到着して、チェックイン、セキュリティ等全て終わってもまだ7時半。
離陸までまだ2時間もあるや~ん。。。
持ってきた朝食を食べるのも10分も掛からないし、免税店をブラブラ見て周って後は座ってお絵かきをして時間をつぶしました。

ロンドン→フランクフルト便は1時間ほどのフライトで、次の乗り継ぎ時間は1時間半。

搭乗して着席したのになかなか離陸しない。。。今となっては理由は何だったか忘れてしまったけど、機体の問題では無かったと思います。
ようやく出発したのは約1時間後。ということは、スムーズに到着したって乗り継ぎ時間は30分。

機内でCAさんに乗継時間が30分しかないので、一番に飛行機から出してもらえないか聞いたところ、乗客のほとんどが乗り継ぎする人たちなので皆同じ状況。あなた達だけ特別扱いできないときた。きぃ~

着陸した時点で乗り継ぎ便出発まで25分。。。
焦って大急ぎで機体から降りたら、何とゲートまでバスに乗らなくてはいけない状態。折角早く降りたのに、結局バスがいっぱいになるまで待つ羽目に。。。

あと15分。やば~いと子供達と3人で猛ダッシュ。
またセキュリティを通り、ターミナルを駆け抜けて乗り継ぎ便の登場口に到着したのは離陸の5分前。

正にギリギリ滑り込みセーフってとこでした。間に合って良かったけど心臓に悪いわ、コレ。

子供達も大きくなったので機内ではもう余裕。自分達で勝手にテレビを見たり、本を読んだり、お絵かきしたりしてくれて本当に楽になりました!
003_convert_20120115200945.jpg

行きはこんな感じでかなり焦ったけど、無事に到着しました!


さて、帰り。
母に送ってもらって中部国際空港へ。

相変わらず早めにチェックインして空港をブラブラ~。
予定通りに搭乗、着席して離陸を待っているのに、予定時間を過ぎても離陸しない。。。またかぁ~?

どうやら燃料系のコンピュータシステムに異常が出たらしく、何度か電源を落として再起動しても結局正常にもどらず。この間機内で待たされること約2時間半。エンターテイメントシステムは使える状態だったのでまだ待てたかな。
結局、飛行機から降りて預けたスーツケースを全て受け取り、再度航空会社のカウンターへ。

ここからが怒涛の待ちゲーム。
乗客全員が再予約しなくてはいけないので、一件一件時間の掛かること掛かること。
前に20組ほど並んでいたんだけど、最初の2時間は全く進まず・・・
3時間後にやっと動き出して私達の番。同じ航空会社の翌日のフライトは満席なので翌々日以降と言われ、それでは困るので他の航空会社の空席を見てもらったところ、、、

同日21:30発のエティハット航空の便のオファー。その時点で17時だったので空港で4時間半待ち。
名古屋→北京→アブダビ(5時間待ち)→ロンドンという行程。到着は予定日より丁度24時間遅れ。

行程めっちゃキツイけど、これしか無いと言われたのでしょうがなくOKをしました。

発券までに待つこと30分。スタッフが戻ってきたと思ったら、このエティハットのチケットはもう無いと言われる。折角心の準備してたのに。

そして、代わりのオファーは、、、
その日は空港横のホテルに一泊し、翌日の日系航空会社で成田経由でロンドンまでの便。到着は予定より22時間遅れ。

ホテル代、夕食代、国際電話代(電話を借りて数件かけた)も出たので、結局は最初のエティハットのオファーよりこっちの方が断然良い結果に。アブダビ空港で5時間も待たずに、空港ホテルでゆっくり一泊できるんだから!
最初からこっちをオファーしろよ~とも思ったけど、航空会社にしてみれば、ホテル代を払うよりはその日の内にどんどん出て行ってもらったほうが良いか。

私達よりだいぶ後ろに居たのに新しい列が設けられたためかいつの間にか私達より前になっていた態度の悪い日英カップル+子供2人は、私達より早く手続きが出来たためにこのアブダビ経由に乗らされたんだろうなあ。私達は長く待たされた甲斐があったか。

全日空の翌日のチケットとホテルの宿泊券、空港レストランでの食事券を貰ってホテルにチェックインしました。時間は18:30頃。朝8時に空港についてから10時間半も経ってた!!!

空港のレストランで夕食を済ませて、ホテルのお風呂に入って早めに就寝しました。ちなみに、このホテルのお風呂最高でした~!!日本式スタイルでしかも広々!!

翌日は朝8時半の便だったので、先に6時過ぎにチェックインをして、身軽になったところでホテルに戻って優雅に朝食を楽しめました!

中部国際空港のでっかい門松!
196_convert_20120115201222.jpg

Mummy's Little Helper!
197_convert_20120115202049.jpg

成田~ロンドンは残念ながらほぼ満席の中で最後の予約だったので、真ん中の4人がけの中2席ずつでしか席が取れなかった為トイレの出入りなどは不便だったけど、ルフトハンザよりも機内のエンターテイメントシステムが充実していたので12時間乗り切れました!

ヒースローのターミナル3につき、家族4人でイギリス&EUパスポートのところで全く待たずに出られたので(外国人パスポートの列は凄い長いので)早かったのに、待てど暮らせど最後の1個のスーツケースが出てきませんでした。

係りの人に言いに言ったら、あ~、Mr○○○、待ってました!成田を発つときにあなたの荷物が一つ見当たらなかったとの連絡を受けてますとのこと。
そういう事は早く言えっての!

荷物紛失の手続きをして、無事に家に着きました。
そして、荷物は成田空港で見つかったので翌日の便でロンドンにきて、その日の夜8時に我が家に無事届けられました。

年に4回は飛行機に乗る生活を10年以上続けていて、便が欠航になったのは初めて。
ただでさえストレスなのに、長時間待たされてイライラ。でも今回夫君が居てくれたので助かった~。一人と子供達だけだったら切れてたと思います。

まあ、ゴタゴタがあった空の旅だったけど、皆無事に帰ってこられたのでよしとしよう。
スポンサーサイト
[2012/01/15 11:33 ] | 日本2010 | コメント(5) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。